外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 自民、公明など野党各党は、10年度補正予算案の財政演説を行う1日午後の衆院本会議を欠席する方向になった。民主党の小沢一郎元代表の国会招致問題への対応が不十分なまま、本会議が野党の合意なしで設定されたことに強く反発。みんなの党と、たちあがれ日本も審議拒否に同調する見通しだ。岡田克也幹事長と小沢氏との会談の行方などを注視しているが、招致問題が進展する公算は小さい。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信