外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 自民、公明両党は18日、新たな安全保障法制に関する与党協議会を開き、座長の高村正彦自民党副総裁と座長代理の北側一雄公明党副代表が共同で作成した法制骨格の最終案を提示した。高村氏は「私と北側氏で共通の認識に至った点についてまとめた」と述べ、実質合意したと明らかにした。20日の正式合意を目指し、両党は党内の最終調整に入る。焦点だった恒久法に基づく自衛隊派遣の際の国会関与は「事前承認を基本とする」との文言で合意。両党の主張の折衷案となった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信