外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 同じ成人の皮膚組織を培養の“足場”として使い、新型万能細胞(iPS細胞)を作製することに京都大の山中伸弥教授のチームが成功、米科学誌プロスワン電子版に2日発表した。胎児の組織を使った成功例はあるが、分化が進んだ大人の組織では初めて。患者本人の体細胞を使った再生医療実現に一歩近づく成果といえそうだ。高橋和利講師は「自分の細胞を使うことで治療の安全性が向上する」と話している。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信