外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 自分と同じ遺伝情報を持つ人工多能性幹細胞(iPS細胞)から作った皮膚や骨髄の細胞の移植を受けても、ほとんど拒絶反応が起きないことをマウスの実験で確認したと放射線医学総合研究所(千葉市)などのチームが10日付の英科学誌ネイチャー電子版に発表。米国の研究者が2011年、マウスのiPS細胞を元のマウスに移植すると体が異物と認識して拒絶反応が起きたと発表。医療応用に向けた懸念とされていたが、今回はそれを払拭する結果となった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信