外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【コピアポ共同】チリ北部コピアポ郊外の鉱山落盤事故で、ゴルボルネ鉱業相は10日、地下約700メートルに閉じ込められている作業員33人の多くが「地上に出るのは自分が最後でいいと話している」と述べ、13日に始まる見通しの救出作業を前に、仲間を先に助けるよう希望していることを明らかにした。マニャリク保健相も同日、33人は「称賛すべき団結精神を持ち続けている」とたたえた。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信