外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 国土交通省は1日、2014年11月以降に生産する新車の大型バスに、自動ブレーキの装着を義務化することを決めた。4月に群馬県の関越自動車道で発生した高速ツアーバス事故を受けた安全対策強化が目的。対象は重量が12トンを超える車両で、中古バスや、立ち乗り客の転倒の恐れがある路線バスは除く。マイクロバスのような12トン以下の小型車も対象外となる。安全対策を議論してきた同省の有識者検討会で了承された。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信