外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 2018年春闘は14日、主要企業の集中回答日を迎えた。焦点のベースアップ(ベア)は、労働組合の要求に満額回答した日産自動車をはじめ自動車大手や電機大手が、好業績を背景に前年を上回る水準で決着した。デフレ脱却に向け安倍政権から3%の賃上げを要請され、5年連続のベア実施に踏み切る。ただ世界経済の先行きに不透明感が出ているほか、企業の負担も重くなっており、5年目の「官製春闘」は曲がり角を迎えている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信