外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ソウル共同】米サンフランシスコ国際空港で着陸に失敗したアシアナ航空ボーイング777旅客機は、速度を自動で維持する「オートスロットル」装置が装備されていたが、着陸直前の速度が低下していたことが9日分かった。韓国国土交通省はこの装置が機能していなかったのかどうか調べるにはフライトレコーダー(飛行記録装置)を解析する必要があると指摘した。同装置は、パイロットが手動でオフにする場合もあるという。

共同通信