世界の出来事

 自殺総合対策大綱の見直しに関する厚生労働省の有識者検討会が、今後10年間で自殺者数を3割減らすとの目標を掲げることが25日、関係者への取材で分かった。人口10万人当たりの自殺者数(自殺死亡率)を18・5人(2015年)から、26年までに13・0人以下に下げる。

共同通信

 世界の出来事