外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 自民党は14日の役員会で、安全保障関連法案を今週中に成立させる方針を確認した。安倍晋三首相は「いよいよ大詰めだ。少しでも多くの国民の理解を得るべく努力し、成立を期したい」と述べた。自民党幹部は同日、民主党幹部に採決を提案。民主党は拒否した。一方、政府、与党は次世代の党など野党3党の意向を踏まえ、自衛隊派遣の際の国会関与強化について閣議決定する方向で検討に入った。3党を取り込み採決の環境整備を図る思惑がある。

共同通信