外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 野田佳彦首相(民主党代表)は23日、自民党が衆院選公約に明記した憲法改正による「国防軍」保持をめぐり「簡単にできない」と述べ、実現性に疑問を示した。これに対し自民党の安倍晋三総裁は、民主党がマニフェスト(政権公約)を実現できなかったとして「反省した上で批判してもらいたい」と反論し、激しい応酬となった。首相の発言には安全保障政策で隔たりのある自民、公明両党間にくさびを打つ狙いもあるとみられる。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信