外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 参院選公示後、初の日曜日を迎えた7日、各党首は街頭演説などで憲法論議を展開した。安倍晋三首相(自民党総裁)はNHK番組で、憲法改正に他党の協力を得るため、党改憲草案の修正に柔軟な姿勢を明言した。民主党の海江田万里代表は、自民党案を受け入れない方針を示した。首相は番組で党改憲草案に関し「自民党の案では駄目だが、ここを修正すればいいということであれば、当然政治は現実なので考えていきたい」と述べた。

共同通信