外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 政府、自民党は25日、沖縄県を地盤とする党所属の衆参両院議員5人が米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設を容認したのを受け、移設実現に向けた調整を本格化させた。「県外移設」を主張していた党沖縄県連も近く容認に転じる見通しで、移設に必要な辺野古沿岸部の埋め立て申請に対する仲井真弘多県知事の可否判断が今後の焦点となる。

共同通信