外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 自民党税制調査会の総会が20日開かれ、2014年度税制改正大綱の取りまとめに向けた議論を始めた。総会では生活必需品の消費税率を低く抑える軽減税率をめぐり、税収減や事業者の事務負担増大につながるとして反対論が続出。導入に積極的な公明党との対立が鮮明になった。

共同通信