外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 東京都知事選(31日投開票)で、自民党東京都連会長の石原伸晃経済再生担当相は5日、候補者決定を参院選後に先送りする方針を明らかにした。増田寛也元総務相(64)の擁立を目指す動きが強まる中、小池百合子衆院議員(63)も出馬の構えを緩めず、分裂選挙になれば参院選(10日投開票)への影響は必至で、決定は14日の告示直前にずれ込む見通し。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信