外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 与野党は21日の衆院解散を受け「12月2日公示―14日投開票」の衆院選に向けて事実上の選挙戦に突入した。2年前の衆院選で圧勝した自民党が「1強」を維持するか、野党が躍進して勢力伯仲となるのか焦点となりそうだ。安倍首相は「アベノミクス解散だ」として自身の経済政策の信を問う意向を示した。野党は「格差が広がっている」(民主党の海江田代表)と批判し、社会保障の充実を求めた。20日余りの短期決戦がスタートした。

共同通信