外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 自民党は29日午前、文部科学部会を開き、学校でのいじめや体罰問題の深刻化を踏まえて検討している「いじめ防止対策基本法案(仮称)」の議論を始めた。部会長の水落敏栄参院議員は「教育再生のため、問題への対応をしっかり審議したい」と述べ、今国会中の成立を視野に党内論議を進める考えを示した。大阪市立桜宮高のバスケットボール部主将が体罰を受けた後に自殺した問題を受け、対応を急ぐ必要があると判断した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信