外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 自民党のスポーツ立国調査会と文部科学部会の合同会議は5日、柔道女子日本代表の園田隆二前監督が選手15人に暴力行為などを告発された問題を協議し、全日本柔道連盟(全柔連)などに組織運営の透明性の確保を求めた。遠藤利明調査会会長は「指導者資格の再検討も必要だ」と指摘。再発防止に向けた第三者機関設置を可能にする関連法案の今月中の国会提出を目指す意向を示した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信