外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 自民党は21日午前の役員会で、民主党が検討している小沢元代表の衆院政倫審への招致議決には応じず、あくまで証人喚問を求める方針を決めた。また参院で問責決議が可決された仙谷官房長官らが辞任しない限り、来年の通常国会審議に応じないことも確認した。谷垣総裁は「小沢氏の問題で民主党内は複雑な状況だ。十分注視して準備をし、来年を勝負の年にしたい」と述べ、菅政権への攻勢を強める考えを示した。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信