外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 自民党は5日、憲法改正推進本部の全体会合を開き、秋に想定される臨時国会に党の改憲案を提出する安倍晋三首相の意向に沿って議論を急ぐ方針を確認した。保岡興治本部長は会合後「東京都議選の結果とは本質的に関係ない」と述べ、予定通り党内論議を進める考えを明確にした。ただ党内には慎重論がくすぶり、連立を組む公明党からも首相主導をけん制する発言が出た。

共同通信