外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューヨーク共同】米独立記念日の4日、ニューヨークの観光名所、自由の女神の内部を含む一般公開が再開された。昨年10月のハリケーン「サンディ」で自由の女神がそびえるリバティー島が被災して以来、約8カ月ぶり。AP通信によると、自由の女神自体はサンディによる被災を免れたものの、島の大部分が水浸しとなり、フェリーの埠頭や歩道の敷石、電気設備などが被害を受けた。この日、記念式典やテープカットが行われた。

共同通信