外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 政府は7日午前、野田佳彦首相らが出席した安全保障会議を官邸で開き、北朝鮮が10日から22日の間に予告している事実上の長距離弾道ミサイル打ち上げへの対処方針を決定した。これを受け、森本敏防衛相はミサイルの一部が日本領域に落下する事態に備え、ミサイル防衛(MD)システムで迎撃態勢を取る破壊措置命令を自衛隊に発令した。防衛省は海上配備型迎撃ミサイル(SM3)を搭載したイージス艦3隻を東シナ海などに展開。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信