外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 新党改革の舛添要一代表(64)は7日の記者会見で、改選を迎える夏の参院選に立候補しないと表明した。理由として「立党以来、3年近く頑張ったが、党勢を拡大できなかった。責任を取る」と述べた。政党は存続する。今後の国政再挑戦については「参院議員の職を全うしてから考える」と述べるにとどめた。周囲には事実上の政界引退との見方もある。舛添氏は2001年の参院選比例代表で自民党から初当選し、現在2期目。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信