ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

舛添知事の不信任案、15日可決

 舛添要一東京都知事の政治資金流用問題で、都議会の公明、共産、民進系など8会派は14日、知事の不信任決議案を議会運営委員会に提出、最大会派で知事与党の自民も15日未明に提出した。無所属の1会派を除く全会派の決議案は自民党案で一本化され、15日の本会議で可決されることになった。舛添氏は辞職を拒んでおり、都議会を解散する可能性もある。

タグ

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。