外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 京都府舞鶴市で2008年に起きた高1少女殺害事件で、殺人罪などに問われた無職中勝美被告(64)の控訴審判決で、大阪高裁(川合昌幸裁判長)は12日、無期懲役とした一審京都地裁判決を破棄、無罪を言い渡した。判決理由で川合裁判長は「犯行現場付近で被告と被害者を見たとする目撃者の証言は是認できるが、被告が犯人でなければ説明できない事実があるとはいえない」と指摘した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信