外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ジュネーブ共同】世界貿易機関(WTO)紛争処理手続きの「最終審」に当たる上級委員会は4日、米航空機大手ボーイングに対する米西部ワシントン州の税制優遇をWTO協定違反だと訴えていた欧州連合(EU)の主張を退ける判断を下した。「一審」の紛争処理小委員会(パネル)は違反を認定していたが、EU側の逆転敗訴となった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信