外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 第148回芥川、直木賞の選考会が16日開かれ、芥川賞は史上最年長となる黒田夏子さん(75)の「abさんご」(早稲田文学5号)に決まった。1974年に61歳で芥川賞に決まった森敦さんの記録を大きく更新した。受賞作は横書きで片仮名や固有名詞を使わない異色の小説。直木賞は朝井リョウさん(23)の「何者」と、安部龍太郎さん(57)の「等伯」に決まった。朝井さんは戦後最年少の受賞。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信