外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 2001年に11人が死亡、247人が負傷した兵庫県明石市の花火大会事故で、検察審査会の議決に基づき業務上過失致死傷罪で強制起訴された元県警明石署副署長榊和晄被告(64)の初公判が19日、神戸地裁(奥田哲也裁判長)で開かれた。榊元副署長は「できる限りのことをしており過失はない」と無罪を主張した。弁護側は事故を予測できる可能性を否定した上で、すでに時効が成立していると主張。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信