外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 京都府福知山市の花火大会での露店爆発事故で、集中治療室(ICU)で手当てを受けていた同府京丹波町の小学5年山名空君(10)が19日、入院先の京都府立医大病院で死亡した。17日には同じ町に住む竹内弘美さん(44)も亡くなっており、事故の犠牲者は2人となった。山名君は竹内さんの2人は火元のベビーカステラを売る露店の後ろ側に置いていた自家発電機とガソリン入りの携行缶の至近距離で被害に遭ったとみられる。

共同通信