外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【北京共同】春節(旧正月)に向け、北京市内で販売されていた日本にとって刺激的な商品名の花火や爆竹が店頭からなくなった。関係筋が7日、明らかにした。日中関係への影響を懸念した中国当局が販売中止にしたとみられる。店側は沖縄県・尖閣諸島に絡め「釣魚島(尖閣諸島の中国名)を愛している」「東京大爆発」などといった名前の爆竹や花火を販売していた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信