外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 日本気象協会(東京)は7日、来春のスギとヒノキ(北海道はシラカバ)の花粉飛散予測を発表した。来年2月中旬に四国と東海、関東から飛び始め、例年(過去10年の平均)と同じかやや遅くなる見通し。飛散量は九州と四国で例年より少なく、ほかは例年並みの傾向で、東北の太平洋側は地域により例年より多くなる見込み。前年夏の記録的猛暑の影響で飛散量が多かった今春と比べると、30~70%程度の地域が多い。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信