外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 今年末に国際宇宙ステーションに向かい、日本人初の船長を務める若田光一さん(49)が5日までに都内でインタビューに応じ「隕石衝突などの緊急事態に対応する訓練に最も労力をかけている」と、想定される過酷な状況にリーダーとして備えている様子を明かした。若田さんは4回目の宇宙。「最悪時に地上との通信が途絶えても、船長がリーダーシップをとって人命とステーションを維持することが求められている」と重責を説明。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信