外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 成人年齢を20歳から18歳に引き下げる民法改正案に関連し、社会経験の浅い高校生ら若年層が悪質商法の標的になる懸念が出ていることから、消費者庁は1日までに、被害防止の啓発事業を拡充する方針を決めた。より有効な対策や救済策も検討するため、同日、内閣府消費者委員会に意見を求めた。消費者委はワーキンググループを設置し議論、年内にも結論を出す見通し。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信