ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

英エリザベス女王が退院

 【ロンドン共同】胃腸炎の症状でロンドン市内の病院に入院していた英王室のエリザベス女王(86)が4日、退院した。英BBC放送のテレビ映像によると、女王は病院を出る際、笑顔で病院関係者と握手するなど元気な様子を見せ、しっかりとした足取りで迎えの車に乗り込んだ。女王は「予防的な措置」のため3日に入院、胃腸炎の検査や治療を行ったという。1日での退院となった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

The citizens' meeting

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。