外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】米ホワイトハウスは13日までに、小学校で子供ら26人が死亡した銃乱射事件を受け、テレビ番組などで合衆国憲法を攻撃したとして英国人キャスターの国外退去を求めた請願を採択しないとホームページ上で示した。表現の自由は「われわれの民主主義に不可欠な根本的な原則」と指摘した上で「(個人の武装の権利を認めた)修正2条に対する見解を表明しただけで、政府に罰せられるべきではない」と説明した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信