外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ロンドン共同】国際的な金融取引の基準となるロンドン銀行間取引金利(LIBOR)の不正操作事件の公判が3日、ロンドンの裁判所で開かれた。不正の中心人物とされ、詐取など八つの罪に問われた英国人の元トレーダー、トム・ヘイズ被告(35)に禁錮14年が言い渡された。英メディアが伝えた。

共同通信