ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

英名誉教授R・エドワーズ氏死去

 【ロンドン共同】ロイター通信などによると、世界初の体外受精児を誕生させ、ノーベル医学生理学賞を受賞したロバート・エドワーズ英ケンブリッジ大名誉教授が10日、死去した。87歳だった。死去の場所や死因は明らかにされていないが、長く闘病していた。1925年、英国中部マンチェスター生まれ。78年、世界初の体外受精児を誕生させた。体外受精技術の開発の功績を認められ、2010年にノーベル医学生理学賞を受賞した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。