ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

英王子がヘリ操縦士退職

 【ロンドン共同】英王室のウィリアム王子(35)は27日、2015年から続けてきた救急ヘリコプター操縦士の最後のシフト業務に就いた。公務に専念するため退職する王子は勤務先のケンブリッジ空港で救急隊員ら同僚と談笑し別れを惜しんだ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。