外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ロンドン共同】英国各地で8月上旬に発生した暴動の際、暴徒による放火で建物が全焼したロンドン南部クロイドンの家具店の経営者一族に、4月に結婚した王位継承順位2位のウィリアム王子が直筆のお見舞状を送っていたと、英メディアが8日までに伝えた。暗闇の中で火柱を上げて同家具店が激しく燃える様子はテレビで映像が繰り返し流され、暴動被害の悲惨さを象徴する場所の一つになった。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信