外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 英国の欧州連合(EU)離脱問題による世界経済の先行き不安が再燃し市場を揺さぶっている。6日の東京市場は、投資家がリスクを回避する姿勢を強めたため、円相場は1ドル=100円台に急伸。日経平均株価(225種)も値下がりし、前日比290円安で取引を終えた。国債への資金シフトが進み、長期金利は急低下している。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信