外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ロンドン共同】英大衆紙メール・オン・サンデーは18日夜、調査会社に委託して女性下院議員殺害事件後の17、18日実施した世論調査で、欧州連合(EU)残留派が45%となり、42%の離脱派を3ポイントリードしたと報じた。大手世論調査会社「ユーガブ」による16日の事件当日と翌17日の調査でも残留派44%、離脱派43%で、事件後に残留派が勢いを回復している可能性がある。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信