外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ロンドン共同】英王室は23日、エリザベス女王の夫のフィリップ殿下(90)が同日、胸に痛みを訴えて英ケンブリッジの病院にヘリコプターで運ばれ入院、心臓の手術を受けたことを明らかにした。手術は成功したが「短期間」の入院が必要になるという。英メディアが伝えた。手術では狭くなった冠動脈にステントと呼ばれる金属製の筒を入れたという。フィリップ殿下は08年にも胸部感染症の検査と治療のため数日間入院。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信