外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ロンドン共同】戦後40年に当たる1985年の終戦記念日に中曽根康弘首相(当時)が靖国神社を公式参拝した後、英外務省が、翌年の東京サミットに出席するサッチャー首相(当時)ら各国首脳に対する、日本政府からの靖国神社への訪問要請を強く警戒していたことが、4日までに分かった。機密解除された英公文書で判明した。

共同通信