外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ロンドン共同】財政再建に取り組む英連立政権のダンカンスミス雇用・年金相は11日、福祉に過度に依存する社会体質からの脱却を目指し、失業手当支給の厳格化や手当に頼る低所得者層の労働意欲を高める制度の導入を柱とした社会保障制度改革案を公表した。政府高官は、制度の整備が進んだ1940年代以来の大改革とうたっている。改革によって歳出削減を進めるとともに、自助努力をより重視する社会の実現を目指す。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信