外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 茨城県土浦市で08年3月、2人が殺害され7人が重軽傷を負った連続殺傷事件で、殺人や殺人未遂などの罪に問われた無職金川真大被告(26)の判決公判が18日、水戸地裁(鈴嶋晋一裁判長)でわれ、「残忍極まりない犯行」として求刑通り死刑を言い渡した。白昼に起きた事件は社会に衝撃を与え、2カ月余り後に起きた東京・秋葉原の無差別殺傷事件への影響も指摘された。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信