外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 茨城県取手市のJR取手駅前で路線バスの中高生らが切りつけられ14人がけがをした事件で、殺人未遂の疑いで逮捕された無職斎藤勇太容疑者(27)=同県守谷市=が「約1年前に会社を辞め、同じころに凶器の包丁を購入した」と供述していることが18日、捜査関係者への取材で分かった。県警は斎藤容疑者がこのころから事件を計画していた可能性があるとみて、詳しい動機や実行に移すまでの経緯を調べる。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信