外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 茨城県は24日までに、県住宅供給公社が総額496億円の借入金を抱え事業継続困難になったとして、第三セクター等改革推進債(三セク債)を380億円発行し、破産させる方針を決めた。借入金が巨額で、自主整理による返済は困難と判断した。三セク債は15年以内に償還する計画。県によると、地方住宅公社の破産は全国初。自主整理しての解散は青森、秋田、岩手、福島、富山、岡山の6県で例がある。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信