外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 日本原子力研究開発機構「大洗研究開発センター」(茨城県大洗町)の作業員の内部被ばく事故について、深刻度を8段階(レベル7~0)で示す国際評価尺度(INES)に当てはめた場合、上から6番目の「レベル2」の基準を満たす可能性のあることが1日、関係者への取材で分かった。原子力規制委員会が2日の定例会合で、深刻度を議論して暫定評価する見通しだ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信