外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 民主党は24日、常任幹事会を党本部で開き、参院選東京選挙区で公認を取り消した無所属候補を党の方針に反して支援したとして、海江田万里代表が菅直人元首相の除籍(除名)を提案した。出席者から「重すぎる」などの異論が相次ぎ、結論を持ち越した。海江田氏は一両日中に処分案をあらためて示し、収拾を図る方針だ。結党以来の惨敗を喫した参院選を受け、海江田氏は早期に党再建に取り組みたい考え。

共同通信