外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 菅義偉官房長官は29日の記者会見で、潘基文国連事務総長が歴史認識問題で日本に自らを省みるよう求めた発言について釈明したことを受け「真意は明らかになった」と述べ、日本政府として、これ以上問題視しない考えを示した。菅氏はオランダ訪問中の松山政司外務副大臣に対し、潘氏と会って真意をただすよう指示していたと説明。「平和国家としての日本政府の努力についてよく承知しているとの発言があったと報告を受けた」と述べた。

共同通信